【お知らせ】西新井パサージオで水彩画の似顔絵をやります!

西新井パサージオで水彩画の似顔絵をやります!

甥っ子の似顔絵

甥っ子の似顔絵作例

場所:パサージオ 1階広場
東武伊勢崎線 西新井駅より徒歩一分の場所にあります!

地図:
http://www.passaggio.jp/access.html
日時:2014年7月13日(日曜)
時間:11時~16時
※ 開始、終了ともに時間が前後する場合があります。
※ お昼やトイレなどで一時的に席を外す場合があります。

以前からこういうお客さんと対面するイラストのイベントやりたいなぁ・・っと思っていたのですが、ちょうどご近所のショッピングセンターでお手頃価格の出店料で出店できるフリーマケットのイベントがあったので、参加させていただきます。

こういったイベントは今回が初めてで、いろいろ手探りな感じになってしまうかもしれませんが、暖かく見守っていただけましたら幸いです。

この似顔絵でお金儲けをしたいと思ってやるわけではないのでお手頃価格の1000円ぐらいにしようかと思っています。
あまりにお客さんが集まらないようだったら、もっと下げるかも。。
逆にあまりに盛況すぎると一人で描ける限度があるので、価格を上げるかもしれません。

ちなみに似顔絵なんですがちょっと普通の似顔絵と違っていて、
その場で写真を撮らせて頂いて
あとからメールで似顔絵を送るというシステムになります。
(ご希望の場合、有料ですが郵送も可)

写真を撮るだけなのでその場でじっと待つ必要がありません。

一般的にはその場で描いてお渡しするのが当たり前かと思うのですが、僕の場合、パソコンを使って絵を描いたり、色補正をしたり、描きやすい環境で丁寧に描きたいので自宅に持ち帰って描かせていただきます。

その分、他の似顔絵のように待た無くてもいいですし、丁寧な似顔絵になるかと思います。

水彩:似顔絵作例

堀北真希さんの似顔絵

堀北真希さんの似顔絵

能年玲奈さんの似顔絵

能年玲奈さんの似顔絵

【仕事】東京オペラシティ フロアガイド表紙イラスト「スプーンとフォークの水彩画」

東京オペラシティフロアガイド表紙イラスト「スプーンとフォークの水彩画」

賀久比佐士が描いたスプーンとフォークの水彩画が東京オペラシティビルのフロアガイド表紙
に使用されました。
※賀久比佐士が担当しているのはスプーンとフォークの水彩画のみでデザインは含みません。

実は今年の5月か6月頃にはもうすでにこの新しいフロアガイドが設置されていたのですが・・・ブログに書くのが猛烈に遅くなってしまいました・・・。

偶然から生まれたスプーンとフォークの水彩画

この水彩画には思い出がありまして、
あるお店を目指して向かっていたところ、
道を間違えてお目当てのお店とは全く真逆の方向に進んでしまい、
だけどその道中で偶然僕が大好きなイラストレーターさんの個展をやっているレストランを発見して、
そのレストランで出されたスプーンとフォークが綺麗だと思って写真に撮って、
ふとそのスプーンとフォークをモチーフにした絵を描きたくなり・・
とうい経緯でスプーンとフォークの水彩画が生まれました・・・

さらには、東京オペラシティビルのフロアガイド表紙にしていただいた経緯も
kakukaku.jpのブログに載せていたスプーンとフォークの水彩画を気に入っていただいて
お声がけいただいたという、
いろんな偶然を経てフロアガイドの表紙になりました。。

たぶん、僕が道を間違えなければレストランと個展を発見出来なかっただろうし、
僕が好きなイラストレーターさんがその時、その場所で個展をしていなければ、
そのお店にたちよらなかっただろうし、
その水彩画をブログに載せていなければ、選んでいただけなかっただろうし・・・
僕のブログを見ていただいたのも偶然だと思いますし・・・

どれ一つとして欠けていたら、こうしてフロアガイドの表紙に使っていただくことは
無かったのでは・・・と思うと、運命のようなものを感じます。

特に道を間違えたのに、2年ほどした後にそれが結果的には良い結果を生み出した・・というのが
めぐり合わせを感じずにはいられません。

正しい道なんてわからないものですね。
あとから振り返ってみると道を間違えたことも含めて正しい道を進んでいたんだって思えてしまいます。

もしかすると、このお仕事が縁でまた違った何かが起きるかもしれませんね。

ということで、このいろんな偶然から生まれた水彩画、もしかすると持っていると幸せが舞い込んでくるかも?
お近くにお立ち寄りの際は是非お手にとってください。

余談ですが、本事例と同様にすでにギャラリーページにあるイラストのレンタルや買取なども対応しております。
※こちらのスプーンとフォークの水彩画は独占使用権込みですので他の媒体、案件ではもう使用になれません。
費用は使用媒体、期間などによって異なりますので気になるイラストがございましたらお問い合わせいただけたらと思います。

実際にフロアガイド設置の現場、
東京オペラシティに行ってみましたフォトレポート

東京オペラシティは
新宿のとなり初台にある、オフィス、コンサートホール、美術館、 レストラン、ショップからなる複合施設です。

初めて行ったのですが、素敵な建物でした。
美術館やコンサートホールが入っているということで、アーティスティックでモダンな雰囲気を感じます。
高層ビルが立ち並ぶ新宿の中にあって、このビルが出来た当時は新宿で3番目に高いビルだったそうです。

東京オペラシティ

ちょどイベントでオカリナ(と思われる楽器)を演奏している方がいて、それが東京オペラシティのシンボルともいえる巨人?のオブジェと相対していて、巨人に祈りと音楽を捧げる風になっていました。なんかステキでした。

東京オペラシティ

フロアガイドはどこに置いてあるんだろうとドキドキして見に行くと・・

あれ?無い??

東京オペラシティ

なんと!水彩画のビジュアルがちょうど隠れてしまっている!!

とりだしてみました。

東京オペラシティフロアガイド表紙イラスト「スプーンとフォークの水彩画」

こんなに素敵なビルのフロアガイドとしてイラストを使っていただいて光栄です。
お近くにお立ち寄りの際は是非手にとって御覧ください。

東京オペラシティフロアガイド表紙イラスト「スプーンとフォークの水彩画」

 

Wacom Creative Contest #01の最終選考作品として選んでいただきました!

うなじ

↑の「うなじ」がWacom Creative Contest #01の最終選考作品として選んでいただきました。

Wacom Creative Contest #01コンテスト概要

WACOM CREATIVE CONTEST選考結果発表ページ
↑ 選考結果が載っているページです。

先日コンテストに応募したとブログに書いていたのですが、何の結果も出なかったら悲しいのであえてコンテスト名を伏せていたのですが、入賞には及ばなかったのですが
賀久 比佐士が描きました「うなじ」という作品が最終選考に残ると言う大変ありがたい結果が出ましたのでご報告させていただきます。


志を高く持つ・・と言う意味では「入賞」を目指すべきで「最終選考作品」で喜んでしまってはいけないのかなという気持ちもあるのですが、今回の結果は純粋にとても嬉しいです。

結果を見た瞬間、「入賞」にはいたらなかったか・・・という気持ちとそれより大きな、おお!自分の絵が載っている!ほんとに!?という喜びがありました。

今回最終選考作品として選んでいただいた作品はIllustrator CS6で描いた作品で、シンプルな線と塗りで構成されたタッチなのですがなにげにこのタッチを人に評価していただいたのは初めてだったんです。
誰かに評価していただいたり、人に見せたり、あげたりするときは割と水彩を組み合わせたり、水彩オンリーだったりすることが多くてこのタッチがどんな風に思われるのか評価いただいたことが今まで無かったんです。
それが最終選考に残ると言う形で評価いただけたのは、自分としてはすごく自信がつきました。

前回のブログにも書いたんですが、人物をアップで横長の絵に入れるのは結構な難しくてなんとかしてうまく配置できないものかと試行錯誤したりしました。
他の方の作品を見てああ、こういう風に構図を収めたのか・・とか、やっぱり横長の絵だと風景画メインかなぁ・・なんて選考結果を拝見して勉強させていただいていたりします。

今回5つの作品を応募しました。

うち、4つの作品は作画時間がちょっと取れそうになくて、過去に描いた作品を手直ししたものだったんですが、唯一、イチから描いた絵が「うなじ」でこれが選ばれました。

以下、選考からは漏れたのですが、せっかく描いたのでアップしたいと思います。

ゆびわ

「ゆびわ」

なみだ

「なみだ」

えがお

「えがお」

はーと

「はーと」

あと、改めまして・・ですが、リニューアルして間もないため、現時点でギャラリーページには水彩で描いた絵やIllustratorで描いた絵、今回描い た絵やブログで描いた絵は載っていません・・・が、後々掲載していく予定でございます。

今しばらくお待ちいただければ・・と思います。よろしくお願い致し ます。

Illustrator+水彩で平子理沙さんを描いてみました

平子理沙 イラスト 似顔絵

平子理沙さんはこの前テレビを見て初めて知ったんですが、とても綺麗な方で眉毛が太くてお団子の髪型、肩を出してるドレスが自分にとってはツボでした。
なので、早速描いてみました。似ている・・のかな・・・??
うーん。よくよく考えると自分が描きたいと思う女性はわりと眉毛太い人多いかも。

・・・っていうか、今Wikiで調べて知ったんですがアラフォーなんですね!
す・・すごい。。ハイビジョン画質でテレビ見てたのに。。
お世辞抜きで20代前半ぐらいかと思ってましたし、そのつもりで描いてました。。

いわゆる美魔女ですね~。

今回の絵はIllustratorで描いた線画に水彩で着色しました。

どんなふうに描いたらいい感じの絵になるか試行錯誤している最中です。。
今回描いた絵は手書き(水彩)+デジタル(Illustrator)の組み合わせなんですけど、全部手書きにしたらいいのかなとか全部デジタルにしたらいいのかな・・はたまたやっぱりデジタルと手書きの組み合わせがいいのかなということを悩んでいます。

デジタルのいいところは言わずもがななんども手直しできたり部分的に手直しできるところです。また後から加筆や変わった効果をつけることも簡単です。
手書きのいいところは、手書きならではの味のある線や塗りの表現。あと失敗さえしなければ何気にデジタルより早く仕上がることもあります。
原画として絵が残るというところも魅力です。

でも手書きは失敗することもよくあるし、なにより絵を描くときにすごく集中力が必要になります。
絵を描く上で集中力を高めるのは、何気に絵を描くより大変だったり時間がかかったりする作業だと思っています。

特に仕事から帰って疲れた状態で絵を描こうものなら、はじめから集中力が途切れているか、途中で息切れするかしてなかなかうまくいかない気がします。

デジタルだったら失敗とやり直しが許される分、必要とされる集中力が少なくて毎日描こうと思えば描けるんですよね。。

あと自分自身がデジタルのきちっとした線や塗りが好きでもあり、水彩の情緒あふれる塗りや線が好きだったりと両方好きだったりするのもどっちつかずになる理由です。

水彩とIllustratorの組み合わせもまだまだ数をこなしていないので、まずは数をこなして答えを出していきたいな・・と思ってます。

 

横長の絵は難しい

とか言いつつ載せている絵は縦長・・。

ブログをできるだけ更新しようと思っていたんですけど、今日締め切りのとあるコンテストに絵を出したくてここ数週間はそちらに専念してました。

コンテストの指定は横長だったのですが、自分の得意なポートレートタイプやファッションイラストは縦長で描くことが多いのでなにげに横長の絵が自分の弱点だということを知りました。
とても大変でした・・・。

でも、Webでイラストを使おうと思ったら横長のほうが多いかもですよね。
もう少し横長の絵も練習しないと・・・と思いました。

この記事の絵はコンテストに出したイラストの一部。
これを90度回転させて線画を足したのをコンテストに応募したんですが、90度回転させる前も結構綺麗だなと思って載せました。線画を足す前なので目とか口とかがちょっと怖いですが・・。

ほかにも4枚ほど描いて応募しました。

絵を描いているときは睡眠時間が少なめだったんですけど、楽しくもあり、なかなか思い通りの絵が描けずに悩ましくもあり、でも充実していました。

やっとこさコンテストも終わったことだし、またこのサイトを充実させるために時間使っていこうと思います。

よろしくお願い致します~

Illustratorでショートカットの女の子を描いてみました

ショートカットの女の子

Illustratorでショートカットの女の子を描いてみました。

ショートカットは凛とした感じがして好きです。

一昨日辺りから風邪を引いてしまって喉をいためました・・・。
こんな季節に風邪を引いてしまうなんて・・。
会社でものすごく風邪が流行っていたんですけど、自分は大丈夫だと思ってたかをくくっていたら、金曜の朝起きたら喉がいがいがしてました。

いちおう、風邪をひいたといっても喉以外は割りと平気なんですけど。

土日で部屋の掃除しようと思ってたけど、風邪が悪化すると怖いのでやめときました。

なかなか予定通りにはいかんものです。

予定通りに行かないといえば、ギャラリーにイラストをアップして行かないと行けないんですが何しろ量が多すぎてどうにも手付かずです。
できるだけ時系列で上げていきたいと思っているので最近描いた絵をアップすることになるのはいったいいつになることやら。

ここ最近たくさん絵を描いていて、上の絵もそうだし、こういうのも描いてます。
水彩画

この土日で描きました。
ちょっと前まで自分の身の回りを整えることで精一杯で絵を描く余裕が無かったので、こんなふうにばんばん絵を描いていける状態にあることはすごくいいことです。

そして早くギャラリーを充実させたいです・・。

風邪を引いているのでたくさん眠ったんですけど、一方で体がなまりすぎると抵抗力弱まるのかなとか思って、近所の公園で懸垂してきました。

懸垂したら疲れてすごく眠くなりました。あんなにたくさん眠ったのに・・。
恐るべし懸垂。