【イラスト】坊主頭の黒人男性と白シャツに赤ネクタイ


 この絵を描こうと思った時に一番描きたかったのはルパン三世の銭形警部みたいに下まつげが特徴的に描かれていて眉毛が太い男性。
 下まつげが強調される男性ってなんか妙な魅力がありますよね。主役ではいないけど、名脇役みたいな。
 そんな男性を描いてみたくなりました。
 黒人になったのは配色をいろいろ試していたら結果的に黒人さんに。
 どことなく、市川海老蔵に似ているような・・
 日焼けした市川海老蔵と言ったら似てるって言われるかな??

 あと、僕は結構シャツが好きな人で、仕事が出来る男に見えるようにパリっとしたシャツを描いています。
 坊主頭も好きです。
 このイラストにジャケット着せたり、メガネつけたり、髪型かえたりしていろんなバリエーション作るのも有りかもなんてふと思いました。

【イラスト】草原に立つ男

チェックのシャツに柄物のパンツ、坊主頭でサングラスをかけた草原の上に立つ男を描きました。
これまではあんまり男の人を描いていなかったのですが、このkakukakuスタイルタッチだと男女問わず描こうという気分になぜかなります。
男女を問わず、かっこ良くてスタイルの良い人物を描きたい衝動に駆られます。

そういえば、これまでこのkakukakuスタイルタッチを散々「切り絵風タッチ」と言ってきたけど、すごい勢いで勘違いしていました。
「切り絵」って基本白黒で、切り抜いた部分が白になって残した部分が黒(輪郭線)になるようなのを言うんですね・・。

てっきり切った紙を貼り付けて絵を作っていくのを切り絵だと思っていたんですけど、それは「貼り絵」というそうで。
まぁ、このタッチが「貼り絵」風かと言われるとそうでもないかもしれないんですけど・・。

そんなイラストレータとして恥ずかしい間違いをしていたことに今更気がついた今日この頃です。