MJイラストレーションズに通うことにしました。

MJイラストレーションズに通うことにしました。
17期生です。

どうしてMJイラストレーションズに行くのか?

MJイラストレーションズという学校に通おうと思ったのは何かを教わりたい・・というより、絵を描くモチベーションを高めたいと思ったからです。

過去にセツ・モードセミナーやパレットクラブに行ったことを振り返って考えてみると
特定の誰かから何かを教えてもらったことがモチベーションや刺激になったというより、
絵を描く環境、同じ志を持った仲間がいるということがモチベーションの源泉になったりしました。

特にパレットクラブでは課題が出されて、それに対していろんな生徒がいろんな答えを出す。
それを見ることでいろんな考えを知り、影響を受けたり、自分なりに咀嚼して新しいものを生み出す糧にする。
そういう世界は自分一人だけだと作り出せないモチベーションを生み出してくれました。

あと課題はお披露目の場があって、期限が区切られているっていう状況・・がたくさんの良い作品を生み出す土壌に
なっていたなと思いました。

パレットクラブの場合、常に同じ講師ではなくていろんなイラストレーターや編集者が講師になって
いろんな人の意見が聞けたっていうのも良かったんですが。
(同じ絵でも見る人によって全然意見が違ってたりとか。真逆の評価になったりとか。人によって意見が違うのは当たり前といえば当たり前なんだけれど、その当たり前を体験して実感できたことが良かった)

いかんせんパレットクラブは授業料が・・・。モチベーション高めるっていうだけで約20万はちょっと厳しい。
他の学校もいろいろ検討したんですが、学費や交通の便などの事情も考慮しつつ、MJイラストレーションズがベストチョイスかな・・・?
と考えてMJイラストレーションズに通うことにしました。

果たして自分に合うのか結構不安を感じてますが・・・

これから通おうとしているMJイラストレーションズが
どんな学校なのかは、まだ通っていないのでよくわかってません。

正直言うと
他の生徒さんの作品を見ると手書きの人ばっかりだし、
自分のタッチとだいぶ方向性が違うし、
僕は特定の講師の人から教わるスタイルより、とにかく沢山の人の意見を聞きたいタイプの人間だし・・・
自分には合わないんじゃないかなぁ・・という気が始まる前から結構してます。

僕がMJの色に染まっていくのか。
はたまたMJが毛色の違う僕を受け入れてくれる寛容な学校だったりするのか。
MJにも染まらず、寛容でもないけれど頑固として自分を貫くのか。
やっぱり合わないなって思って行くのをやめちゃうのか・・。

どうなっていくのか・・
どうなるにしても変化や刺激のある環境って良いもんです。
それを楽しみたいと思っています。

実はすでに効果が・・・

とりあえず、学校に持っていくために長らく放置していたイラストポートフォリオファイルを今作っています。
過去の作品まとめるのって結構めんどくさいんですよね・・・。
それに取り掛かることができているっていう効果だけ見ても、学校に入る前から十分効果が出ていたりします(笑)。