お仕事いそいそ・・・

お仕事てんてこまい

10月、11月はいろんなイラストのお仕事が舞い込んでいました。
なぜこの時期にこれだけ集中するんだろう・・とまさに嬉しい悲鳴状態でした。

イラストのお仕事は連載でもない限り定期性が無くて決まった時期に発生するものでもないので、 こればっかりはどうしようもないところなんですが。。

今回頂いていたお仕事のうち、一番ボリュームが大きかった仕事は作画点数が多くて、他の案件も抱えていたのでご相談いただいたときは正直納期的に無理だろうな・・というのが第一印象だったのですが・・。

いろいろ他のクライアント様含めて納期の調整をしていただいて何とか納品にこぎつけることができました。

今は達成感と、安堵感、休日のありがたさを身にしみて味わっております。


・・・などと安心して日記を書いていたらまたまたお仕事が舞い降りてきて


これまたスケジュール的に無理なのでは??と思いつつもなんとかかんとかでやりくりして、
そのお仕事もなんとか納品できてあらためて一安心しているところです。

今回担当したお仕事はそう遠くない将来このブログでもご紹介できるのではないかと思います。

イラストのお仕事は大変だし、難しいけど、生き生きできます。


仕事をしている最中は大変だーと思っているだけなのですが、終わった後の生活が妙にスカスカしていて、そうかイラストの仕事をしていたときの自分は大変だと思っていたけど、実は充実していて、それを満喫していたのだな・・と

仕事は自分を成長させてくれます。
仕事を受けたときと納品した後で、他人から見ると些細かもしれないけれど、その短い時間でも自分にとっては大きな成長があります。

仕事とは関係の無い絵を無性に描きたくなります。

あと、なんか仕事している最中って、仕事とは関係の無い絵を無性に描きたくなります。
仕事で描く絵はクライアント様のご要望があってその制約の中で描く訳ですが、その制約を離れて自由に絵を描きたくなるというか。
あと仕事用の絵を描いている中で仕事とは関係の無いいろんなアイデアや絵を描きたい欲求が生まれて来ます。

そんなこんなで納期がきついのに、仕事に関係ない絵まで描いちゃったりして。。

例えばこんな絵。

ファッションイラスト

ここ最近のお仕事ではそれぞれ別々のタッチでイラストを描来ました。

直近のお仕事で初めて仕事として切り絵風のタッチを描いたのですが、それで切り絵風タッチに目覚めてしまいました!今まで僕が描いてきたイラストと結構テイストが変わりますけど、すごく気に入っているタッチなんです!

そんな感じでいろんなイラストが結構描きたまってきたので、ちょくちょくアップしていきたいと思います。

 

 

 

SUIT GIRL(スーツガール)シルエットタッチ

スーツガール

Illustratorでシルエットだけでスーツの女の人描いてみました。

イラストって言うより、デザイン的な感じ?
一応デザイナーでもあるので・・。
なんかスーツショップのロゴとかポスターとかにもなりそーな。。

シャツの赤色のタグは普通こんなところにこんなタグ無いんだろうけど、黒だけだと面白く無いのであえてアクセントとして入れてみました。

このイラストはIllustratorで下描きも無しに、てきとーにパス引いててきとーに描いたものです。
そしたらなんかそれなりにそれっぽくできたのでアップしてみました。

最近、急に歯が痛くなって歯医者に駆け込んだんですけど歯が痛む箇所に特に虫歯ないよと言われて、そうは言っても痛んだよ~って感じで、なんにも作業手付かず状態でした。

結局この歯の痛みは1週間ぐらいで勝手に治ったんですけど、歯の痛みのせいで生活のリズムが崩れてしまって・・・それまではわりといろんなことが順調だったんですが・・。

そんな感じでこのサイトの更新もほったらかしにしてしまいました。うん。いいわけなんですけど。
最近ようやく本調子に戻ってきたのでなんとか、こまめに更新できるように持って行きたいところです。。

そんなこんなでなんか作品アップしようと思って、アップしてみたのでした。

横長の絵は難しい

とか言いつつ載せている絵は縦長・・。

ブログをできるだけ更新しようと思っていたんですけど、今日締め切りのとあるコンテストに絵を出したくてここ数週間はそちらに専念してました。

コンテストの指定は横長だったのですが、自分の得意なポートレートタイプやファッションイラストは縦長で描くことが多いのでなにげに横長の絵が自分の弱点だということを知りました。
とても大変でした・・・。

でも、Webでイラストを使おうと思ったら横長のほうが多いかもですよね。
もう少し横長の絵も練習しないと・・・と思いました。

この記事の絵はコンテストに出したイラストの一部。
これを90度回転させて線画を足したのをコンテストに応募したんですが、90度回転させる前も結構綺麗だなと思って載せました。線画を足す前なので目とか口とかがちょっと怖いですが・・。

ほかにも4枚ほど描いて応募しました。

絵を描いているときは睡眠時間が少なめだったんですけど、楽しくもあり、なかなか思い通りの絵が描けずに悩ましくもあり、でも充実していました。

やっとこさコンテストも終わったことだし、またこのサイトを充実させるために時間使っていこうと思います。

よろしくお願い致します~

Illustratorでショートカットの女の子を描いてみました

ショートカットの女の子

Illustratorでショートカットの女の子を描いてみました。

ショートカットは凛とした感じがして好きです。

一昨日辺りから風邪を引いてしまって喉をいためました・・・。
こんな季節に風邪を引いてしまうなんて・・。
会社でものすごく風邪が流行っていたんですけど、自分は大丈夫だと思ってたかをくくっていたら、金曜の朝起きたら喉がいがいがしてました。

いちおう、風邪をひいたといっても喉以外は割りと平気なんですけど。

土日で部屋の掃除しようと思ってたけど、風邪が悪化すると怖いのでやめときました。

なかなか予定通りにはいかんものです。

予定通りに行かないといえば、ギャラリーにイラストをアップして行かないと行けないんですが何しろ量が多すぎてどうにも手付かずです。
できるだけ時系列で上げていきたいと思っているので最近描いた絵をアップすることになるのはいったいいつになることやら。

ここ最近たくさん絵を描いていて、上の絵もそうだし、こういうのも描いてます。
水彩画

この土日で描きました。
ちょっと前まで自分の身の回りを整えることで精一杯で絵を描く余裕が無かったので、こんなふうにばんばん絵を描いていける状態にあることはすごくいいことです。

そして早くギャラリーを充実させたいです・・。

風邪を引いているのでたくさん眠ったんですけど、一方で体がなまりすぎると抵抗力弱まるのかなとか思って、近所の公園で懸垂してきました。

懸垂したら疲れてすごく眠くなりました。あんなにたくさん眠ったのに・・。
恐るべし懸垂。

 

Illustrator CS6新機能レビュー!!なぜ今まで無かったのか便利すぎるパターン作成機能

IllustratorCS6パターン機能レビュー

なぜ今まで無かったの?

2回目は新機能のパターン機能のレビューをしたいと思います。

この機能のアナウンスを初めて見たとき、ついに来たかと思いました。
というか、何で今まで無かったのかと。優先順位間違えてない?と。3D機能とかより絶対先でしょ!と。
Illustratorとパターンってものすごく相性がいいと思うんですよ。
ファッションイラストとか、シンプルでもセンスの良いパターンが入っていれば然見違えますし。

従来ももちろん自分でパターンを登録できたんですが、これがすごくわかりづらくて作りづらかった。
例えば、スクリントーン風のドットですら自分で作ろうとすると結構手間がかかったりします。

それがCS6にしてついにパターンを作りやすくする機能が付いて感無量なのであります!

実際の使用感は・・

ここにありますは、何の変哲もない緑色の丸でございます。

丸

この緑色の丸を選択した状態で、
オブジェクト → パターン → 作成
を実行すると早速パターン編集モードに移行します。
そうするとパターンプレビューが表示されます。
このパターンプレビューで表示されるパターンを何個ぐらいパターンを並べるか、とか、周りのプレビューパターンの濃度なんかはオプションで変えたり出来ます。

illustratorCS6パターン  パターン編集

illustratorCS6パターン  パターン編集

丸を選択してパターン編集モードに入った直後では円と円はくっついた状態です。
従来、円を選択してそのままスウォッチに登録するとこんな感じのパターンになってましたね。
従来のIllustratorだとここからスクリーントーンのようなドットを作るのが難しかった・・。

でも、CS6からは簡単です!

まず、パターンの中にあるオブジェクトの距離をプレビュー見ながら移動させることが出来ます。
下の画像は、ちょっと距離を入れてみました。

illustratorCS6パターン  幅と高さの指定

illustratorCS6パターン  幅と高さの指定

上の例では円と円の距離を幅、高さともに10mmに指定してみました。
ちなみにこの10mmは青枠の四角の幅と高さになります。
この枠はパターンの元となる画像より小さく設定できたりもします。その場合はパターンが重なった状態になったりします。

このオプションだけでも結構印象が変わったパターンが作れます。

さらにパターンを並べる方法を選択できます。
グリッド、レンガ(縦)、レンガ(横)六角形(縦)、六角形(横)です。

(ちなみに初期設定の ↑ 画面はグリッドです。)

それぞれどんな風に変化するかといいますと・・・

illustratorCS6パターン タイルの種類:レンガ(横)

illustratorCS6パターン タイルの種類:レンガ(横)

illustratorCS6パターン タイルの種類:レンガ(縦)

illustratorCS6パターン タイルの種類:レンガ(縦)

illustratorCS6パターン タイルの種類:六角形(縦)

illustratorCS6パターン タイルの種類:六角形(縦)

illustratorCS6パターン タイルの種類:六角形(横)

illustratorCS6パターン タイルの種類:六角形(横)

変化がわかりやすいようにシンプルな図形でパターンを作ってみたのですが・・。
かえってわかりづらいかな・・・???

これでレンガや六角形を選んであげると、今まで苦労して作っていたスクリーントーン風のドットがあっという間に出来てしまいます。

円の例だと六角形とレンガの差は距離が違うだけに見えますが、もっと凝ったパターンだと目に見えてその差が変わってきたりします。

ファッションイラストの作例作ってみました!

この機能を何に使いたいって、やっぱりファッションイラストの服にパターンを当てはめておしゃれ感30%増しぐらいを狙いたいところです。
パターンは多重円、たいやき(?)、ハートで作ってみました。

パターン作例:ファッションイラスト

パターン作例:ファッションイラスト  上がパターン元のイラスト 下がパターン適用した服

いかがでしょうか。服のパターンを変えるだけで印象がちょっと変わってきますね。

今回作ったパターンは割りとシンプルなものばっかりですけど、プレビューを見ながらパターンを編集できるようになったのでもっともっと凝ったものも作りやすくなっていると思います。
いままでパターン作りはどちらかというと職人技のような、パターン作るのがめちゃくちゃ得意な人が根気強く作っていたところがあるかと思うのですが、これからはきっとこのパターン作成機能を使ったイラストが増えていくんじゃないかなぁ・・と。
そんな予感をさせる便利な機能でした!

関連記事

IllustratorCS6新機能レビュー!!
Illustrator CS6新機能レビュー!!驚きのトレース機能進化!
Illustrator CS6新機能レビュー!!なぜ今まで無かったのか便利すぎるパターン作成機能