森本美由紀さんの回顧展に行ってきました

morimoto01

10/18(土曜)に森本美由紀さんの回顧展に行ってきました。

ペーターズギャラリーにて開催していました。

morimoto02

森本美由紀さんの個展はずっと行きたいと思っていて、回顧展が決まったのは1年以上前だったかと思うのですがその時点で忘れないようにgoogleのカレンダーに登録してました。

1Fでは印刷物と過去の仕事のイラストポートフォリオファイルが

1Fでは印刷物を中心とした展示で、数十年前の森本さんの仕事がファイリングされたものとかも置いてありました。
森本さんが今のようなタッチになる前のもの・・・
結構いろんなタッチでしかもたくさん描かれていて、森本さんにもそういう時期があったんだと驚きました。
とても同じ人が描いたとは思えない感じで。
なんか普通に少女漫画っぽいタッチもあって、これはもう普通に漫画家さんの仕事だなぁ・・なんて思ったり。

いままで見たことなかったたくさんの森本さんの絵が見られて良かったです。
絵を描く人間にとって、素敵なイラストは創作意欲が掻き立てられる、栄養分みたいなものなので
たっぷり栄養補給させていただいたっていう感じです。

2Fでは原画メインの展示

2Fは原画の展示や作画に使用してた道具、下書きの展示などがされていました。
実は原画を拝見するのは初めてだったんですけどこちらも絵描きとして良い刺激を頂きました。

ギャラリーは盛況で、絵を見ていると他の方がはなししているのも聞こえるんですが、
うまい、めちゃくちゃうまい・・とか
かっこいい・・とか
この絵欲しい・・とかいう声が聞こえてきました。

そういう声につくづく共感しつつ。

なんかオフィシャルなところではまだ告知が無いと思うんですけど、次回どこかの美術館で個展を予定している的なことをどなたかが言ってました。
直接話している方から聞いたというより、絵を見ていたら近くで話ししているのが聞こえただけなのでもしかしたら間違った情報かも知れないですが、今回個展行けなかった方もオフィシャルサイトをチェックしていたら次回の個展の情報出てくるかもです。。

イラストレーター視点で思った技術的なこと

あと、僕自身もイラストレーターの端くれなので、イラストレーター視点で技術的に思ったことを。。
印刷物では全く気が付かなかったけど、絵は結構ホワイトで修正が加えられてました。
足一本まるまるホワイトで消されてたりとかもあって、驚きました。
印刷物になる前提で描かれているものだからだと思うのですが、あ、ホワイトで修正していいんだ・・って思っちゃいました。
なんか誰かから咎められたわけでもないけど、森本さんのように筆でシュっと描かれた絵はホワイト使っちゃいけないんだって勝手に思ってました。
森本さんが使ってるんだったら自分も使ってもいいんだな・・などと勝手に安心したり・・。

 

あと、筆絵とか水彩のように水分を多く含んだ状態で紙を塗ると、紙にシワがよってスキャンしたあと影がよって大変になるんですけど、そういう対策どうやってるのかなぁ・・って思ったんですけど、原画を拝見したら普通に紙にシワがよっていて、印刷される前の段階でうまいこと処理されているんだなぁ・・と。(白黒だからやりやすいのかな・・と想像ですが)

 

なんか技術的なことですけど、そういうことも分かった発見があって僕にとってはすごく有意義な個展でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 森本美由紀さんの回顧展に行ってきました
Share on Facebook