【仕事】新築建替注文建築の[無垢Style]コンセプトハウスパンフレットのイラスト

[無垢Style]コンセプトハウスパンフレットのイラスト
無垢スタイル建築設計株式会社様の
新築建替注文建築の[無垢Style]コンセプトハウスパンフレットのイラスト
を担当させて頂きました。
(これまた随分前にお仕事をいただいて、すでにパンフレットは出来上がっている状態だったのですがブログに載せるのがかなーり遅くなってしまいました・・・)

こちら、20ページほどのパンフレットでそのほとんどのページにおいてキービジュアルとして賀久比佐士が描いた線画が使用されています。
(まるで画集のような、イラストが大きくレイアウトされたパンフレットになっています!)
(※一部クライアント様のご都合で賀久比佐士が担当していないイラストが1ページあります)
[無垢Style]コンセプトハウスパンフレットのイラスト

[無垢Style]コンセプトハウスパンフレットのイラスト

アベノミクスで景気が良くなりつつありますし?
ここらで家を買ってしまおう!なんて考えていらっしゃる方、是非資料請求をしてみてください。

無垢スタイル建築設計株式会社
新築建替注文建築の[無垢Style]
下記のURLに必要情報をご入力の上、
https://ssl.muku.co.jp/contact_form/
「コンセプトハウスパンフレットを請求する」 にチェックを入れますとパンフレットが届きます。

今回はクライアント様のご要望によりモノトーンの線画イラストで作画しました。
全部で20点以上描かせて頂きました。

この依頼を頂いた時、他社様の案件もいただいていたし、作画点数も多いのでスケジュール的に納期のお約束が難しそうでした。
お受けしたいのはやまやまだけど、止むを得ずお断りしなければならないかも・・・という状況でした。

が、他案件のクライアント様にもご相談に載っていただいてスケジュールを調整していただきなんとか対応できました。
結果的には本当にお断りしなくてよかったなぁ・・と思えるぐらい良い物ができたと思っております。

そんな感じでいろいろ慌ただしかったので、すごく思い出がある案件です。

あと、無垢・・木材の良さをアピールする比喩としてのビジュアルでバイオリンを描かせていただいたのですが、
このバイオリンの絵を描くにあたってちゃんとした資料写真を撮りたくて、御茶ノ水の楽器店に行って写真を撮らせて頂きました。

その楽器店ではバイオリンを買うお客でもないのに快く写真を撮らせて頂きました。
その優しい店員さんの対応に感動しました。
あと、バイオリンって割とメジャーな楽器だけど、音大生とか音楽に関わる人生でも無い限り割と現物を間近で見ることが少ないかと思います。
今回、初めて現物を間近でしっかりと見たんですが、バイオリンってすごく綺麗ですね。
木に塗られたニスがつやつやしていて、音楽を弾く楽器としてだけではなく、オブジェとして見ても美しいと思える、そんな造形美を感じました。
バイオリン引けないのに、これちょっと部屋に置いてみたい・・・と所有欲が湧いてしまいました。

そんな思い出もあるお仕事でした。

MJイラストレーションズに通うことにしました。

MJイラストレーションズに通うことにしました。
17期生です。

どうしてMJイラストレーションズに行くのか?

MJイラストレーションズという学校に通おうと思ったのは何かを教わりたい・・というより、絵を描くモチベーションを高めたいと思ったからです。

過去にセツ・モードセミナーやパレットクラブに行ったことを振り返って考えてみると
特定の誰かから何かを教えてもらったことがモチベーションや刺激になったというより、
絵を描く環境、同じ志を持った仲間がいるということがモチベーションの源泉になったりしました。

特にパレットクラブでは課題が出されて、それに対していろんな生徒がいろんな答えを出す。
それを見ることでいろんな考えを知り、影響を受けたり、自分なりに咀嚼して新しいものを生み出す糧にする。
そういう世界は自分一人だけだと作り出せないモチベーションを生み出してくれました。

あと課題はお披露目の場があって、期限が区切られているっていう状況・・がたくさんの良い作品を生み出す土壌に
なっていたなと思いました。

パレットクラブの場合、常に同じ講師ではなくていろんなイラストレーターや編集者が講師になって
いろんな人の意見が聞けたっていうのも良かったんですが。
(同じ絵でも見る人によって全然意見が違ってたりとか。真逆の評価になったりとか。人によって意見が違うのは当たり前といえば当たり前なんだけれど、その当たり前を体験して実感できたことが良かった)

いかんせんパレットクラブは授業料が・・・。モチベーション高めるっていうだけで約20万はちょっと厳しい。
他の学校もいろいろ検討したんですが、学費や交通の便などの事情も考慮しつつ、MJイラストレーションズがベストチョイスかな・・・?
と考えてMJイラストレーションズに通うことにしました。

果たして自分に合うのか結構不安を感じてますが・・・

これから通おうとしているMJイラストレーションズが
どんな学校なのかは、まだ通っていないのでよくわかってません。

正直言うと
他の生徒さんの作品を見ると手書きの人ばっかりだし、
自分のタッチとだいぶ方向性が違うし、
僕は特定の講師の人から教わるスタイルより、とにかく沢山の人の意見を聞きたいタイプの人間だし・・・
自分には合わないんじゃないかなぁ・・という気が始まる前から結構してます。

僕がMJの色に染まっていくのか。
はたまたMJが毛色の違う僕を受け入れてくれる寛容な学校だったりするのか。
MJにも染まらず、寛容でもないけれど頑固として自分を貫くのか。
やっぱり合わないなって思って行くのをやめちゃうのか・・。

どうなっていくのか・・
どうなるにしても変化や刺激のある環境って良いもんです。
それを楽しみたいと思っています。

実はすでに効果が・・・

とりあえず、学校に持っていくために長らく放置していたイラストポートフォリオファイルを今作っています。
過去の作品まとめるのって結構めんどくさいんですよね・・・。
それに取り掛かることができているっていう効果だけ見ても、学校に入る前から十分効果が出ていたりします(笑)。

【仕事】東京オペラシティ フロアガイド表紙イラスト「スプーンとフォークの水彩画」

東京オペラシティフロアガイド表紙イラスト「スプーンとフォークの水彩画」

賀久比佐士が描いたスプーンとフォークの水彩画が東京オペラシティビルのフロアガイド表紙
に使用されました。
※賀久比佐士が担当しているのはスプーンとフォークの水彩画のみでデザインは含みません。

実は今年の5月か6月頃にはもうすでにこの新しいフロアガイドが設置されていたのですが・・・ブログに書くのが猛烈に遅くなってしまいました・・・。

偶然から生まれたスプーンとフォークの水彩画

この水彩画には思い出がありまして、
あるお店を目指して向かっていたところ、
道を間違えてお目当てのお店とは全く真逆の方向に進んでしまい、
だけどその道中で偶然僕が大好きなイラストレーターさんの個展をやっているレストランを発見して、
そのレストランで出されたスプーンとフォークが綺麗だと思って写真に撮って、
ふとそのスプーンとフォークをモチーフにした絵を描きたくなり・・
とうい経緯でスプーンとフォークの水彩画が生まれました・・・

さらには、東京オペラシティビルのフロアガイド表紙にしていただいた経緯も
kakukaku.jpのブログに載せていたスプーンとフォークの水彩画を気に入っていただいて
お声がけいただいたという、
いろんな偶然を経てフロアガイドの表紙になりました。。

たぶん、僕が道を間違えなければレストランと個展を発見出来なかっただろうし、
僕が好きなイラストレーターさんがその時、その場所で個展をしていなければ、
そのお店にたちよらなかっただろうし、
その水彩画をブログに載せていなければ、選んでいただけなかっただろうし・・・
僕のブログを見ていただいたのも偶然だと思いますし・・・

どれ一つとして欠けていたら、こうしてフロアガイドの表紙に使っていただくことは
無かったのでは・・・と思うと、運命のようなものを感じます。

特に道を間違えたのに、2年ほどした後にそれが結果的には良い結果を生み出した・・というのが
めぐり合わせを感じずにはいられません。

正しい道なんてわからないものですね。
あとから振り返ってみると道を間違えたことも含めて正しい道を進んでいたんだって思えてしまいます。

もしかすると、このお仕事が縁でまた違った何かが起きるかもしれませんね。

ということで、このいろんな偶然から生まれた水彩画、もしかすると持っていると幸せが舞い込んでくるかも?
お近くにお立ち寄りの際は是非お手にとってください。

余談ですが、本事例と同様にすでにギャラリーページにあるイラストのレンタルや買取なども対応しております。
※こちらのスプーンとフォークの水彩画は独占使用権込みですので他の媒体、案件ではもう使用になれません。
費用は使用媒体、期間などによって異なりますので気になるイラストがございましたらお問い合わせいただけたらと思います。

実際にフロアガイド設置の現場、
東京オペラシティに行ってみましたフォトレポート

東京オペラシティは
新宿のとなり初台にある、オフィス、コンサートホール、美術館、 レストラン、ショップからなる複合施設です。

初めて行ったのですが、素敵な建物でした。
美術館やコンサートホールが入っているということで、アーティスティックでモダンな雰囲気を感じます。
高層ビルが立ち並ぶ新宿の中にあって、このビルが出来た当時は新宿で3番目に高いビルだったそうです。

東京オペラシティ

ちょどイベントでオカリナ(と思われる楽器)を演奏している方がいて、それが東京オペラシティのシンボルともいえる巨人?のオブジェと相対していて、巨人に祈りと音楽を捧げる風になっていました。なんかステキでした。

東京オペラシティ

フロアガイドはどこに置いてあるんだろうとドキドキして見に行くと・・

あれ?無い??

東京オペラシティ

なんと!水彩画のビジュアルがちょうど隠れてしまっている!!

とりだしてみました。

東京オペラシティフロアガイド表紙イラスト「スプーンとフォークの水彩画」

こんなに素敵なビルのフロアガイドとしてイラストを使っていただいて光栄です。
お近くにお立ち寄りの際は是非手にとって御覧ください。

東京オペラシティフロアガイド表紙イラスト「スプーンとフォークの水彩画」